メリットがたくさんある葉酸サプリの摂取

メリットがたくさんある葉酸サプリの摂取

葉酸サプリといえば、赤ちゃんを望む妊活中の女性必須のサプリメントというイメージがあります。ですが、妊活中はもちろんのこと、それ以外のかたにとっても何かと不足してしまいがちな葉酸をサプリメントで摂取することは、さまざまな効果を得ることが可能です。葉酸は緑色野菜や肉などから摂取をすることができる栄養素ではありますが、水溶性で熱に弱いために、調理過程で流れ出て失われてしまいやすい傾向にあります。そのため一日の必要摂取量を食事から摂ることが難しく、栄養補給のために葉酸サプリの摂取が推奨されています。
まず、代表的な葉酸の効果は、女性の身体に満たしておくことで妊娠期に胎児の成長サポートをすることができるという点です。葉酸は細胞を形成するのに必要な栄養素で、細胞分裂を繰り返して大きくなっていく赤ちゃんには欠かすことができません。母体に葉酸がたっぷりとあることで、赤ちゃんの先天性の異常や神経障害を負ってしまうリスクを減らすことができるため、妊娠を計画している女性は数ヶ月前から葉酸サプリを摂ることを推奨されているのです。妊娠期や出産後ももちろん、母乳などを通して赤ちゃんに葉酸を届けられるため、長期間の摂取が望まれます。
また、葉酸には増血作用もあり、毎月生理があり貧血体質のかたが多い女性に非常に役に立ちます。貧血は鉄分や体力の不足も原因になるものですが、葉酸の赤血球形成の働きで症状を改善することが可能です。特にビタミンB群の一種である葉酸は、他のビタミンBも同時に摂取することでその働きを高める効果がありますから、食事からバランスよく栄養を摂取しつつ葉酸サプリで不足しがちな葉酸を補うようにしましょう。
研究によって、葉酸不足がホモシステイン増加の原因になることがわかっています。このホモシステインは赤ちゃんの先天性異常や、貧血、そして動脈硬化などを起こしてしまう起因となる物質で、アルツハイマーや認知症などの原因にもなると考えられています。つまり、葉酸サプリの摂取はこれらの病気の予防にもなるため、若い女性だけではなく幅広い年代のかたに必要な栄養素だということです。健康維持のために男女年齢問わずに取り入れていくことをおすすめします。
1日に必要となる葉酸の量は、妊活中、妊娠中の女性で400μg、通常で240μg程度とされていますが、体調などを見て調整をしてください。上限である1日1000μgを超えなければ、重大な副作用はほぼ心配ありませんし、摂取をやめればほとんどの気になる症状は治まります。赤ちゃんのため、自身の健康のために葉酸サプリを摂取しましょう。参考::メリットがたくさんある葉酸サプリ